×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あがり症とは?

「あがり症」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。この「あがり症」とは一体どのような症状のことをいうのでしょうか。この「あがり症」とは、人前などに出て、極度に緊張してしまいあがってしまうことを「あがり症」と言っています。しかし、きちんとした定義は特にありません。医科的な面から「あがり症」を説明すると、極度に緊張することにより、交感神経緊張症というものを一時的に起こしている状態が「あがり症」です。

あがり症の症状

あがり症とは、人前に出ると、全くどうしていいのかわからなくなる症状をいいます。あがり症の原因は、血液中のノルアドレナリン値が上昇することです。これは覚醒や興奮に関係している神経伝達物質で、脳のノルアドレナリン神経から分泌されます。ノルアドレナリンは、「他人にあがっていると思われたくない」「大勢の視線が怖い」「失敗してしまうのではないかと不安」などという緊張や不安を感じたときに分泌され交感神経を活性化、そして、交感神経が刺激されあがり症の症状が起こります。あがり症の症状とは以下のようなものです。・名前を呼ばれても、すぐに席から立ち上がることができない・人前で、自分の考えを話せなくなってしまう。・人前で、手や足、膝などが震えてしまう。・人前で、声が震えたり吃ったりしてしまう。以上のようなことなどが挙げられますが、あがり症は、必ずしも全員に同じ現象として現れるものではなく、一人ひとり違った現象として現れます。

あがり症にはインデラル薬が有効です

あがり症は、心理的な要因が原因であることが多い、人前であがってしまう症状の事をいいます。このあがり症を薬で緩和することはできるのでしょうか。あがり症の薬として、『インデラル』という心臓病の薬を処方する病院は沢山あるようです。この『インデラル』という、あがり症の薬としても使われる薬は、βブロッカーと呼ばれる種類の薬で、安全性が確認されている薬です。このあがり症の薬『インデラル』を服用することにより、あがり症の症状を緩和することができるとされています。あがり症の薬を服用することにより、あがり症の症状としてとても多い、心拍数の上昇を防ぐことができます。その他、あがり症の症状として声が震えるなどということがありますが、この症状も、あがり症の薬を服用することにより、緩和できるそうです。その他、呼吸を安定させたり、冷や汗をかきやすいあがり症の人の発汗をおさえるなどの作用も、あがり症の薬を服用することにより緩和されます。